読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新大学一年生よ、家庭教師バイトの甘い言葉に騙されるな、謳い文句は風俗と同じだぞ

 

2017年も早くも1/4が終わり、4月を迎えました。

どうもこんにちは青池です。

 

先月の3月いっぱいをもって、大学一年の頃から約2年半通して行っていた家庭教師のアルバイトを卒業しました。

 

理由としては

・就活があるので指導日程が安定しない 

・受験生の受け持ちが終わったのでキリが良かった とかとか

 

色々あるんですけど

 

一番の理由は何と言っても

稼ぎが悪い

 

これに尽きると思います。

 

 

f:id:golgari713:20170405104033j:plain

家庭教師のアルバイトは

短時間高収入、しかも!みたいに歌われており

経験のない人からは「楽して稼げるんでしょ?」なんて言われますけど

全然そんなことないんです。

 

てか短時間で高収入とか風俗かよって

経験ない人からは「楽して稼げるんでしょ?」とか風俗かよって

 

というわけで引退した今だから言える家庭教師アルバイトのリアルを僕のケースを踏まえてご紹介しましょう。

 

 

家庭教師は需要供給のバランスが取れていない

まずここまで読んでくださった貴方には、家庭教師のアルバイトというものについてもっている自分のイメージを振り返ってもらいたいと思います。

 

家庭教師ってどんな仕事?

生徒さんのお家に行って、勉強を教えて、そして帰る

これだけでしょ?

 

この答えだと15点くらいです。

実際のプロセスをご紹介しましょう。

 

1、家庭教師紹介事務所に登録

2、家庭教師紹介事務所からお仕事の紹介が来る

3、条件がマッチすれば契約

4、指導プランの作成

5、実際の指導

6、保護者対応

 

とざっとこんなもんです。

 

では需要供給のバランスが取れていないというところに話を戻しましょう

上のプロセスでいうところの1と2の間のステップのところです

 

まず仕事の紹介が来ません

 

僕は最盛期、全4家庭6人の生徒を受け持っていました。

え、仕事あるじゃん と思われるかもしれませんが、

僕がこの中で、自転車のみの交通手段で向かうことのできたご家庭は1家庭のみです。

 

宇都宮のような国立大学があるある程度の市街地では生徒数<講師数の図式が成り立ってるんです。

 

車とか電車とか使えば仕事はあるんでしょ?仕事選んでない?

という話になると思いますが、それもピンからキリまでです。

僕のもっていたケースを(少し濁して)ご紹介します。

ケース1 aさんの家庭への移動時間

自宅から最寄り駅への移動(15分)

電車 二駅 (15分、電車は30分に一回なため万が一乗り逃すと必然的に遅刻)

ご家庭最寄駅より車にて送迎(15分)

 

ケース2

自宅から最寄り駅までの移動(15分)

電車 八駅 (40分 帰りの場合都合良い電車がないため30分 以上の待ち)

ご家庭最寄駅より車にて送迎(20分)

 

飲食バイトとかで考えて欲しいんですけど、 わざわざ学生のバイトで通勤一時間以上かかるお店で働こうと思いますか?

 

それでも時給がいいから働きたい!

はい、家庭教師は時給がいいです。

条件や紹介会社にもよりますが僕の場合

時給1800ー2200円で働いていました。

現在働いている飲食店が時給900円ほどなので約二倍ですね。

 

めっちゃ魅力的じゃないですか、これ

そうです、甘い話にはもちろん裏側があるんです。

 

まず、指導の準備が必要です。

今日はどの教科のどの内容をどれくらいやろうか、ということを全て一人で判断し、スケジューリングせねばなりません。

紹介会社の形態にもよりますが、紹介会社が指導用テキストを販売していない場合、指導用教材の作成から始めなければいけません。(テキストがある場合でも進度に沿わなかったり、内容が物足りなかったりで指導用教材の追加作成はほぼ必須でした)

 

これ、結構時間かかるんです。

スムーズにいけば一時間とか、生徒のつまづきにあう問題とか探してると普通に二時間経ちます。

先ほど時給1800円とか言いましたけどこの作業を行なっている時間を考えたら、他のバイトとなんら変わりないと思います。

 

ここまで言ったけどまだ家庭教師をやりたい貴方に

散々言いましたし、まだ言い足りないこともありますが、

それでも家庭教師のアルバイトというのはやりがいのある楽しい仕事だと思います。

 

生徒が宿題をやって来てくれた時、わからない問題が解けるようになった時、テストの点数が上がった時、そして志望校に合格した時

生徒に真摯に向き合えば、その分生徒は答えてくれます。

 

僕が言いたかったのは高収入とか短時間でとかそういう生半可な気持ちで家庭教師というアルバイトは始めない方がいいよ、ということです。

かく言う私も2年半前はそんな大学生家庭教師の一人だったかもしれません。

 

もし新大学一年生で家庭教師アルバイトを始めようとしている方がいるなら、

是非とも周りの家庭教師経験のある先輩に相談してみてください。

もちろん僕でもいいです、ここのコメント欄とかツイッターとか今回話しきれなかったこといくらでもお話します。

 

 

そんな感じで僕の家庭教師としての生活に改めて幕を閉じたいと思います。

 

3年間見逃したけどついに宇都宮大学工学部前の桜を見に行った話・前

 

どうも青池です。

宇都宮に引っ越してきてから早3年が経ちました。

 

酒もタバコも女の味も知らぬピチピチな男子大学生だったあの頃の僕

今ではやさぐれて家でシコシコブログを書く始末です。

 

今年のテーマとして

「学生として何かやり残したことはないか?」

と常日頃から考えておりましたら、とあることを思い出しました。

 

 

工学部前の桜のトンネル、まだ生で見てないよね

 

知らない方向けにご説明しましょう。

宇都宮大学には二つのキャンパスがありますが、その中でも工学部地域デザイン学部を用する陽東キャンパスの目の前の道路では大量の桜の木が植えられています。

それが桜の開花シーズンになるとまるでトンネルのように綺麗に道を彩るのです。

参考画像はこちら

f:id:golgari713:20170403195020j:plain

 

徒歩10分でこんなに素晴らしい桜の名所があるのに3年間も見逃していた僕

引きこもりにもほどがあります。

というわけで今回、満を持してその道に向かいました。

 

 

f:id:golgari713:20170403195446j:plain

 

はい、というわけで陽東キャンパス前に到着です。

3年前僕が入学した時は宇都宮大学は、

国際学部、教育学部、工学部、農学部とシックな学部が並んでいたにもかかわらず、

昨年度から地域デザイン科学部という私文の意識高い系学生が釣れそうな名前学部が新設されました。

3年間こちらのキャンパスに入ったこともなかったので、今度忍び込んで見たいと思います。

 

 

 

f:id:golgari713:20170403195459j:plain

 

こちらその桜並木に便乗して名前をつけたと想像が容易い「和牛ステーキ 桜」さんです。

名前を容易く決めたっぽい割に高級そうな店構え、

ネットで調べたら黒毛和牛ロース150gで4200円でした。

もちろんここにも僕は入ったことはないですが、ここへの侵入は無理だと思います。

 

この近所にはまたこちらも桜並木便乗商法と思われる「ベルさくらの湯」というスーパー銭湯もあります。

 

 

 

え?前置きはいいから桜の写真を見せろって?

 

f:id:golgari713:20170403195425j:plain

 

まだイマイチ満開じゃなかったんよ…

咲いてはいました。でもまだ3分咲きくらい。

それでも今日は天気が良かったので、親子連れで花見をしている家族も見られました。

あと単純に逆光で写真全然わからんよねこれ。

 

 

 

f:id:golgari713:20170403195450j:plain

 

というわけでツルハドラッグでマスク買って帰りました。

 

日本気象協会の予想によると、満開は4月9日ごろらしいです。

次回後編と称して、その頃にもう一回見に行こうと思います。

というか単純に一緒に花見という名の呑み会やってくれる人を募集しています。

それでは

事業案なんて「合体ロボを作ります!」で構わない

f:id:golgari713:20170220161835j:plain

 

皆さんはプレゼンの準備を
どれくらい時間をかけて行いますか?
 
僕なら、発表時間を5分と仮定して、内容構成スライド作成等々色々加味すると、半日はかけてしまう気がします。
 
一昨日、まさかの20分でやりました。
 
参加したインターンシップの一幕で、企業における新規事業を何でもいいから1から考えるという企画です。
 
正直僕はこういうのはクソ苦手で、既存事業の発展したものをまとまりがないグダグダっとした感じで発表するに終わってしまいました。
 
他の参加者もどこかで聞いたことのある何か(それでも僕のよりは目の付け所はgoodでした)に留まりましたが、"お手本"として参加していた来年入社予定の先輩社員の案はぶっ飛んでいました。
 
先輩社員
「私の事業案は、(社名)のスーパーロボット化事業です!
社屋三つが合体し、最後に社長の愛車のジャガーが胸に合体し、こういったロボになります!(上画像参照)
これで今後予想されるロボット化社会を乗り切ります!」
 
 
僕はすごい衝撃を受けました。(この人ヤバイ、という意味ではありません)
なにに衝撃を受けたかというと
 
本当に何でもよかった、という点です
 
 
他の企業でこんな案を出したら
「ついに壊れたか…」とか思われるのが関の山でしょうが、この企業ではそうではありませんでした。
 
プロジェクトアリストテレスという言葉をご存知でしょうか。
端的にいうとこんな感じ
「プロジェクト・アリストテレス」が明らかにしたのは、成功するチームには「心理的安定性」があるということです。これは心理学の専門用語で、リーダーやチームメートから「バカにされないだろうか」、「叱られないだろうか」という不安を払しょくすることです。
 
今回インターンシップで参加した企業では、この心理的安心性を重視しており、実際の会議の中でも、(例え合体ロボットまでいかなくとも)、とても無茶なぶっ飛んだアイデアでもまずは認め、そこからブラッシュアップし、発展させていくことを重視しているようです。
 
もちろん、このスーパーロボット事業にもブラッシュアップが行われました。
例えば、どのように利益を確保していくかなど、まずはロボットを作る前提で話が進んでいくのです。
 
正直、最高な職場だなと思いました。
 
 
その後僕も含め、皆のアイデアのブラッシュアップを行い、再度20分のプレゼン準備期間を経て、再度発表へ
先ほどとは違い、元になるものがあるとはいえ、いただいた意見を取り入れ、自分としてもまとまりのある内容と言える程度にはなりました。
 
しかし重要なのはその成果ではなく、時間のより良い使い方を学べたことだと思います。
同じ一時間でも
内容をコツコツ一人でじっくり考えて作るか、
それとも今回のように20分で一度作り、20分それを元に議論を重ね、そしてもう20分で組み立て直すか
 
こう文章にすると当たり前のことを言っているだけにも思えますが、
実際体験して、その出来高の違いにはとても驚きました。
 
これは今後卒業論文を書いていく上でも役に立つかなぁと感じます。
まずはどんな意見でも受け入れられるような心理的安定性のあるゼミ、もとい研究室を自分の力で組み立てていこうと思います。
 
 
 
 
 というわけで、今回はインターンシップの振り返りとして
「新規事業アイデア企画」のまとめをここまで書かせていただきました。
まだ四つあるうちの一つなので、明日以降もまとめていこうと思います。
 
青池なんのインターンシップ行ったの???とか
内容について興味持ってくれた方いたら連絡ください
色々語りましょう
 
 

*1:引用元記事:

workswitch-ibs.inte.co.jp